女性だけではなく男性にもおすすすめの人気の施術

レーザーの特徴

脱毛器

肌の色や毛質によって効果が違う

自宅で行う毛の処理とクリニックの医療レーザー脱毛はまったく効果が違うものです。毛の自己処理はあくまでも一時的なもので、剃ったり抜いたりしてつるつるになっても時間が経過すると再生します。しかし、医療レーザー脱毛の場合は何回も回数を重ねるごとに徐々に毛が生えなくなってきます。最終的に脱毛スケジュールを完了すると毛が生え変わる細胞自体がなくなって、一生そのまま生えない体質に変化します。ずっと自己処理を繰り返すよりも肌に優しく、そして手間もかからないといいこと尽くめです。医療機関の医療レーザー脱毛は太くてしっかりとした毛質に反応しやすいのが特徴です。脇の下やアンダーヘアなどは毛質がはっきりしているので、医療レーザー脱毛の効果を実感しやすいエリアです。肌の色が白くて毛の色素がはっきりと黒い人ほど、効果を実感しやすいと言われています。ただし、デリケートゾーンの一部など極度に色素沈着していると、医療レーザーの照射が見送られるケースがあります。黒い色素をターゲットとして熱を与えるのがレーザーの特徴で、そのため肌の色素沈着にも反応しやすいためです。濃いシミやほくろがある場合は、黒い部分を避けて照射する必要があります。また、メラニンの含有量が少ないうぶ毛も、医療レーザー脱毛をしてもあまり効果が出にくいです。うぶ毛は基本的に体全体に生えている毛です。うぶ毛の効果へは低いですが、なるべく照射する回数を増やすことで生えにくくなってきます。

Copyright© 2019 女性だけではなく男性にもおすすすめの人気の施術 All Rights Reserved.